博多女子がオススメする福岡の脱毛サロン!

施述の体験談

実際脱毛サロンは、どんな流れで施述をするのか。
実際体験をもとに、流れを説明すると...

  • 衣服を脱いでガウンに着替える
    (VIO脱毛の場合は紙ショーツに履き替える)
  • 脱毛箇所を冷やすまたはジェルを塗る
  • 光脱毛機によるフラッシュ照射を脱毛箇所に当てる
  • 再度、脱毛箇所を氷で冷やすまたは鎮静ジェルを塗る
  • 着替える
  • 次の予約を取って終了

範囲が広いと時間はかかりますがワキだけであれば施述は15分程度で終わります。

痛さは、フラッシュ照射時、毛の太さによってたまにチクっとすることがありますが、基本的にはほぼありません
フラッシュ脱毛には、「IPL脱毛」と「S.S.C.脱毛」があるのですが、私はIPL脱毛でした。
「S.S.C.脱毛」の方が痛みは少ないとされていますが、IPL脱毛でもそれほど痛くありませんでした。

フラッシュ照射を当てるとき、毛の長さが1、2ミリ程度であるといいので、サロンに行く前はカットしておくとよいでしょう。
カミソリだと剃りすぎてしまうので、サロンに行く2、3日前に処理しておくとよいかもしれません。
忘れた場合も脱毛サロンでやってくれます。
回数を重ねると毛もなくなってくるので、4、5回ぐらいのときに「次は剃らないで来てください」と言われることもあります。
おそらく、経過を見るのと、毛がかなり少なくなっているので照射場所を確認するためと思います。
かなり範囲が狭い場合は、テープで印をつけ、そこのみに照射します。

サロンによっては、保湿や抑毛ローションを販売しているところもあります。勧めてくることもありますが、不要なときは断ればよいです。
ただ、光脱毛は脱毛部位を乾燥させないようにする必要があるので、それ専用に作っている保湿や抑毛ローションは、処理後の肌が綺麗になったり、抑毛効果が高まります。
あまり高い値段でなければ購入もありと思います。
私は、値段が3千円程度なのと、あまり自己処理をしたくなかったので使用していました。
なくなれば、薬局の保湿クリームを使っていました。
基本的に販売するのは、実際に施述に使用しているジェルであることが多いので、使い心地も体験できてます。
これは人それぞれなので、どちらでもよいと思います。
値段がもっと高かったり、しつこく勧めてこれられたら買わなかったと思います。